y
imgサイトのご利用について お問合せ img トップページ

カテゴリー別アーカイブ: 今日の法話

心に響く法語

2014.05.02

暖かい太陽の光が 万物をはぐくみ育てるように 貴女の心の情熱が 貴女のすべてと 貴女のまわりをはぐくみ育てる    

浄土真宗のポイント

2014.02.24

名号、信心、念仏などさまざまな言葉が語られるので、聞いていて混乱をしてしまいがちです。しかしこれらの言葉を整理すると、「名号・信心・念仏」も、すべて本質は同じく「本願力」であるということです。阿弥陀如来は「あらゆる人々を … 続きを読む

法性法身と方便法身

2014.01.27

阿弥陀如来さまの本質は「法性法身」です。色もかたちもなく言葉で表現することも認識することも不可能な、真実のさとりそのものということです。だから煩悩に満ちた私たちが接点を持つことはできない境地です。しかし法性法身は私たちを … 続きを読む

掲示伝道の言葉

2014.01.21

山門の掲示板に掲げて、道行く人々にお伝えしている言葉のいくつかです。 ・聴聞は他人事を 自分のことだと 教えてくれる ・雨の日には雨の日の 老いの日には老いの日の かけがえのない 大切な人生がある ・善人になるより 悪人 … 続きを読む

後生(ごしょう)

2014.01.18

後の世の生涯のことです。後とは一秒先のこと。「出る息は入るをまたず、入る息は出るをまたない」この言葉のように一瞬先のことをいいます。亡くなった人を思うとき、「人生はあっけないものですね」ということがあります。そこに「後生 … 続きを読む

仏教の目的は・・・

2013.12.31

仏教は仏に成る教えです。しかしながら今の日本の社会で普通に過ごしていると、仏に成るということがあまり嬉しくは感じません。自分にとって仏様とはどういう方なのか?自分が仏に成るということはどういうことなのか?今年は、このこと … 続きを読む

故・立川談志の言葉

2012.02.06

型ができていないものが芝居をすると『型なし』になる。メチャクチャだ。型がしっかりした奴がオリジナリテイを押し出せば『型破り』になれる。どうだ、わかるか?難しすぎるか。結論を言えば『型』をつくるには稽古しかないんだ。

平清盛の死について

2012.01.31

歴史的にみれば平清盛は英雄です。しかし『平家物語』の作者(不明)は清盛の死を英雄の死として表現する気持はなかったようです。妻である時子の夢に地獄からの使者がやってくる話を掲載していますし、『前世で定められ命が終焉した。仏 … 続きを読む

平清盛の死について

2012.01.30

日曜日の夜8時からはNHKテレビの『平清盛』が面白く、毎週楽しみにしています。昨日も良かったですね。その平清盛の死に関する話を番組に先駆けてちょっぴり内緒話・・・。清盛は亡くなる前に高熱を出したといわれています。平家物語 … 続きを読む

この瞬間を生きる

2012.01.25

この瞬間を生きる 過去を思い出してボーッとしないこと。未来をイメージして妄想に耽(ふけ)らないこと。過去はすでに過ぎ去った幻覚。未来はまだ来ぬ幻覚なのだから。 現在、君の目の前にある物事をその瞬間、その瞬間に、じーっと観 … 続きを読む